自転車保険に加入する必要性

最近「自転車保険」という単語を見聞きする機会が増えつつあります。なぜ見聞きする機会が増えているかというと自転車による事故が増えており、賠償金も高額になっている傾向にあるのが原因であると考えられます。過去には自転車事故で数千万円の賠償金を支払うよう命じられたケースもあり、とても一般家庭で支払うことはできません。自転車に乗る機会が多いのであれば、万が一のトラブルでも補償してくれる自動車保険に必ず加入すべきなのです。

自転車保険へ加入するまでの流れ

相談

事前説明

自転車保険へ加入するにあたり、保険会社の担当者から説明があります。分からないことがあればどんどん質問しましょう。内容に納得してから契約するのが大切です。

申し込み

保険会社によって様々な契約プランがあります。どのプランが良いか決まりましたら早速申し込みましょう。申込書には氏名や住所など被保険者に関する色んな情報を記載することになります。

最終確認

申込書の必要事項を全て記入し終えましたら担当者へ提出しましょう。担当者側で記載内容に不備がないかチェックします。

契約成立

申込書の記載内容に不備がなければ、初回の保険料を支払うよう説明されます。保険会社によってはクレジットカード払いのみに対応しているところがあります。

場合によっては保険金がおりないことも

自転車事故の加害者になったり被害者になったら無条件で保険会社から保険金が支払われるわけではありません。事故のケースによっては保険適用されないことがあります。

保険金がおりないケース

  • 飲酒してから事故を起こした場合
  • 保険金詐欺の疑惑があると判断された場合
  • レンタルした自転車での事故の場合

後で後悔しないために自転車保険選びには時間をかけよう

説明

個人賠償責任補償の内容をチェック

先述の通り自転車事故で加害者になった場合多額の賠償金を支払うケースも少なくありません。もしこのような事態になったら生活が成り立たなくなるでしょう。それを防ぐためにも個人賠償責任補償の金額は重要なチェックポイントです。最近の傾向から1、2億円ほど補償あれば安心できます。

女性

傷害補償の内容をチェック

自転車事故の際ケガをする場合が多いです。治療のために通院したり最悪の場合死亡する可能性だってあります。医療費の補償や死亡補償は手厚いと安心できるでしょう。入院日額は2500円以上、死亡保障は350万円以上は欲しいところです。

悩んだときは保険相談会社へ相談を

ドンキホーテを運営している会社の自転車保険など、現在は数多くの保険会社が自転車保険のサービスをしています。そのため保険選びに迷うこともあるでしょう。そのような時は保険相談会社へアドバイスを求めるのも一つの手です。インターネットで保険相談会社について調べることができますので、口コミの評判が良いところを選べば間違いないです。

広告募集中