原付バイクを運転するのであればすぐに自賠責保険の加入を!

原付バイクは事故に遭いやすい乗り物

原付バイクは自動車と比べて事故のリスクが高いです。もし事故に遭遇した場合は保険に入っていれば補償してくれますが、事故を起こさないことに越したことはありません。運転時にどのようなことに気をつけたら事故のリスクを減らせるのかまとめましたので参考にしましょう。

事故に遭わないためのポイント

バイク
no.1

慎重な運転を心がける

1番重要なのは運転する際は細心の注意を払うことです。通常の自動車と違い原付バイクを運転すると雨風を直接身体に受けます。風が強いと身体のバランスが崩れやすいので事故に遭うリスクが高くなります。そのようなことを防ぐためにも慎重に運転することが必要なのです。

no.2

無理にすり抜けしない

渋滞している時に車をすり抜けて、突然飛び出してきた車に巻き込まれてしまう事故が過去のケースで多くあります。早く進みたい気持ちを抑えることが事故防止に繋がるのです。

no.3

周りに気を配る

原付バイクは小さいため、自動車を運転する側から見ると死角になっていて見えないことが多いです。そうなると巻き込み事故のリスクがありますので、原付バイクを運転する際は常に周りを見ながら運転する必要があります。

no.4

服装に気を配る

先に述べたように原付バイクは小さく、あまり目立ちません。存在感を出すためにも目立ちやすい服装を着用しましょう。そうすることで周りにも認識されやすくなるはずです。

no.5

体調に気をつける

少しのハンドルミスでも事故に遭う可能性があります。万全の状態で運転する必要があるため、体調不良の場合は運転を控えるようにしましょう。

原付バイクを運転するのであればすぐに自賠責保険の加入を!

バイク

加入しないと罰せられる

自賠責保険に未加入だっただけで、違反点数が6点も付与されて免許停止になってしまいます。また未加入の状態で運転した場合、1年以下の懲役かもしくは50万円以下の罰金が科せられます。

バイク

事故を起こした場合全額弁償する必要がある

万が一事故の加害者になった時、自賠責保険に加入していれば保険金が支払われますが、未加入だった場合は全額自己負担です。もし、任意保険に加入していたとしても、自賠責保険の限度額を超えた賠償額分のみが支払われることになります。

自分の身を守るためにも必ず加入を

上記のように自賠責保険に未加入の状態ですと何も良いことはありません。いざという時は自分の身は自分で守らなくてはいけません。いざという時のためにも必ず自賠責保険には加入しておきましょう。

広告募集中